予約や申し込み方法

バス

ネットや窓口で予約可能

高速バスは、東京から大阪や名古屋といった大都市に行く手段として多くの観光客・ビジネス客に利用されていて、特に価格面が魅力的な移動手段として注目されています。高速バスの予約方法は、インターネット・バス会社窓口・コンビニエンスストア等があり、一部の事業者ではピンポイントの座席指定も行えます。予約は搭乗1ヶ月前〜3か月前から行う事が可能で、予約を終えた後はクレジットカード・現金・銀行振り込みといった方法で決済をすぐに終えておく事を忘れないようにしましょう。高速バスの女性一人乗車は不安を覚えてしまう事がありますが、予約時に申し込んでおけば隣に女性が来るような配慮で席を確保してもらえるサービスが存在しています。更に、利用が多い路線に関しては女性専用便・女性専用エリアといった配慮を行っている事も多いので、安心して乗車出来るでしょう。高速バスの予約申し込みと決済を終えた後は乗車となり、乗車当日は指定された乗車票を必ず持参しなければならないので注意が必要です。乗車票は、バス会社窓口・自宅プリンター・コンビニエンスストア等でプリントアウトした紙チケットか、スマートフォン画面に予約画面を映した電子チケットを乗務員やスタッフに提示します。なお、用事等で乗車出来ない場合は、キャンセル申し込みによって乗車券払い戻しが可能ですので、バスの発車時刻前までに手続きを終えておきましょう(キャンセル手数料が掛かる場合もあります)。